08/24/2014 - 19:00

> tokyo >

aug 24 duo with daichi yoshikawa at super deluxe
sep 15 solo at ftarri
oct  12 trio nakamura+akiyama+murayama at ftarri 

workshop: aug 31, sep 21 at RRR

05/17/2014 - 15:00

> tokyo, kiba > gallery coexist-tokyo

アマキオトダンスの実験vol.3「四角形のゆううつ」

会期:
2014.5.17 sat / 5.18 sun
企画:
アマキオト / てんせんめん
入場料:
前売り一般2500円 / 学生2000円 当日券は+100円(いずれもワンドリンク付き)
主催:
株式会社ZEエナジー
時間:
17日(土)15:00〜/18:30〜 18日(日)15:00〜全日程30分前開場

 

http://coexist-tokyo.com/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%AA%E3%83%88%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93vol-3%E3%80%8C%E5%9B%9B%E8%A7%92%E5%BD%A2%E3%81%AE%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%86%E3%81%A4%E3%80%8D/

05/11/2014 - 12:00

> ryogoku > RRR

音、からだ、物を使ってのインプロヴィゼーションのワークショップ

http://rrr666.net/2014/01/30/murayamaws0209/

05/09/2014 - 20:00

> tokyo > kid ailack art hall

jason kahn (voice) + seijiro murayama (voice)

solos and a duo 

2000 yen + drink

05/04/2014 - 13:00

> tokyo, kiba > gallery coexist-tokyo

ワークショップ「いろいろな局面における『触れる』をやってみて考える一日」第二回

http://coexist-tokyo.com/event%E3%80%8C%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AA%E5%BE8%A7%A6%E3%1

%80%E9%9D%A2%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%8E%82%8C%E3%82%8B%E3%80%8F%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6/

04/27/2014 - 12:00

> ryogoku > RRR

音、からだ、物を使ってのインプロヴィゼーションのワークショップ

http://rrr666.net/2014/01/30/murayamaws0209/

04/20/2014 - 13:00

> tokyo, kiba > gallery coexist-tokyo

ワークショップ「いろいろな局面における『触れる』をやってみて考える一日」第一回

http://coexist-tokyo.com/event%E3%80%8C%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AA%E5%BE8%A7%A6%E3%1

%80%E9%9D%A2%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%8E%82%8C%E3%82%8B%E3%80%8F%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6/

04/19/2014 - 14:00

> tokyo, minami aoyama > spiral

パーカションなどによるソロ

14時と17時。各回20分の演奏。

http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1079.html

04/16/2014 - 19:00

> tokyo > gallery coexist-tokyo

Juan Parra + Toma Gouband +村山政二朗コンサート (1500 円 )


Juan Parra コンピュータ、チリ出身、オランダで作曲を学ぶ。

Toma Gouband  パーカッション(石)フランス

村山政二朗 パーカッション 

〒135-0042江東区木場3-18-17 2F

2F, 3-18-17 kiba koutouku Tokyo 135-0042 tel:03-5809-9949

http://coexist-tokyo.com/event%E3%80%8Cjuan-parra-toma-gouband-%E6%9D%91%E5%B1%B1%E6%94%BF%E4%BA%8C%E6%9C%97%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8D

/

04/13/2014 - 12:00

> 両国 > RRR

音、からだ、物を使ってのインプロヴィゼーションのワークショップ

http://rrr666.net/2014/01/30/murayamaws0209/

03/09/2014 - 18:30

> tokyo > osaki l-e

DIhead (Seijiro Murayama ,Toshiya Tsunoda)

開場18:00、開演18:30、1500円+ドリンク

 

DIhead 第二回


 昔或るTV番組で「腕を曲げるときに幾つの筋肉が関わっていますか」という問いにゲストの一人が「ひとつ」と答えたのに苦笑したことがあるが、物事には一見すると無関係に思えるような物事が、幾つも幾つも関わっているのが普通である。それは音や色がその空間と時間から分け距てられないのと似ている

 村山と角田によるバンド、DIheadは実験の坩堝であるl-eを使い、物事の薄皮を一枚一枚剥がしつつ、様子を見てみたいと思う。このバンドはステージ発表的なアプローチとは真逆で気負い無く行われ、会話を挿入することを常としている。調子が出たら会話に参加してみませんか。(先着十名に限り粗品音盤差し上げます)

 東京都品川区豊町1-3-11 スノーベル豊町 B1

l-e

tel : 050-3309-7742

http://www.l-e-osaki.org/?cat=4

 

 

 

12/13/2013 - 19:00

> osaka > 寺田町エーボン&安治川倉庫FLOAT

 

村山政二朗ワークショップ

音、からだ、物を使ってのインプロヴィゼーションのワークショップ。
 
 インプロヴィゼーションというのは実際の生活の中で普通に行われています。例えば、会話として。

ただ、改めてインプロで何かしようとすると、すぐに、何を、どのようにという方向に行きがち(それも入り口としてはありですが)で、その本質的な必要性と問題点が十分に意識されていないと、ことばを使わないインプロヴィゼーションを行ったり、感受するのに応用が利かないという感じがします(実際にはその作業において、ことばを排除しきることはできませんが)。本質的なこととは一言で言えば広い意味での「聴く」ということではないかと思います。その広い意味の「聴く」をいろいろやってみて、インプロの本質をつかむ、さらにはインプロによってヒトが避けては通れない言語活動を活性化するという視野を持つ、結局はヒトを知る(こりゃ大きく出たなー)というのがワークショップの趣旨です。


 
だれでも参加可能です。問い合わせの方、それから参加希望者はあらかじめ村山とメイルでやり取りしてください。
 
 村山政二朗 

 
ワークショップ 3日間参加料:4000円
2013年12月13日19〜22時  エーボンにて
        14日13〜19時  エーボンにて
        15日13〜17時(19時〜公演) フロートにて

公演 村山政二朗ソロ、参加者によるパフォーマンス
2013年12月15日19時〜フロートにて 入場料:1000円

12/08/2013 - 19:30

> osaki, tokyo > l-e

村山政二朗ソロ

19時開場、19時半開演
1500円+ドリンク代


東京都品川区豊町1-3-11 スノーベル豊町 B1
l-e

tel : 050-3309-7742

http://www.l-e-osaki.org/?cat=4

 

12/01/2013 - 13:00

> 三島 > 大岡信ことば館

音、からだ、ものを使ったワークショップ。

ボードレールの詩を用い、さまざまな要素の呼応を探求する。

1月19日のワークショップにも参加が必要。


参加費は両日で2000円。13:00-18:00
11/17/2013 - 13:00

> tokyo > RRR (ryogoku)

これすぽんだんす1 
インスタレーション+ライブ

日時:11/17 13:00~18:30 出入り自由
場所:両国RRR
料金:1000円+1drink


サウンドインスタレーション: 大城真
ライブする人たち: 

沼田順
庄司弘光
栗生健二 
大橋成未
廣瀬寛
沼田夕妃
山崎慎一郎
村山政二朗

各人の演奏時間帯は当日告知されます。
11/10/2013 - 20:00

> tokyo > Ftarri

森本誠士、村山政二朗(ソロとデュオ)

 

 

ベルリンで活動中のサウンドアートの森本、ついこの前までベルリンに住んでいたアートサウンドの村山。

4月の録音セッションを経てのライブを、奇遇なことに東京でやることになりました。

(playing with words could sometimes give us new productive concepts)

 

 

午後7時30分開場、8時開演/ 1,500円

http://www.ftarri.com/suidobashi/

11/03/2013 - 19:30

> tokyo > l-e大崎

DIhead  (角田俊也+村山政二朗)

 

19時開場 1930分開始

1500円+1 drink

 

http://www.l-e-osaki.org/?page_id=2

10/21/2013 - 19:30

> shibuya > atsukobarouh

クラウス・フィリップ(コンピュータ)+村山政二朗(パーカッション)デュオコンサート
このコンサートは「植田正治の道楽カメラ」展にて展示作品とコラボレーションする形で行われます。

入場料2000円(ドリンク込)、19:00 OPEN 19:30 START
〒150-0046 渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
tel:03-6427-8048 mail:ab@l-amusee.com
10/19/2013 - 19:00

> 三島 > エクリュの森

open 18:45 start 19:00

1500円(35席)

第一部   渡部真一+松本浩明+市川徳彦+塚原一郎

第二部 クラウス・フィリップ+村山政二朗

 

予約はsgshinichi@hotmail.comまで

GALLERYエクリュの森/静岡県三島市大宮町2-16-21-1F 、TEL 055-976-2320 www.ecru-no-mori.jp

10/13/2013 - 13:00

> 両国 > RRR

村山政二朗ワークショップ

音、からだ、物を使ってのインプロヴィゼーションのワークショップ。
13:00~18:00 参加費:2,000円 (お申し込み:niiewsr@gmail.com)
 
 インプロヴィゼーションというのは実際の生活の中で普通に行われています。例えば、会話として。

 

ただ、改めてインプロで何かしようとすると、すぐに、何を、どのようにという方向に行きがち(それも入り口としてはありですが)で、その本質的な必要性と問題点が十分に意識されていないと、ことばを使わないインプロヴィゼーションを行ったり、感受するのに応用が利かないという感じがします(実際にはその作業において、ことばを排除しきることはできませんが)。本質的なこととは一言で言えば広い意味での「聴く」ということではないかと思います。その広い意味の「聴く」をいろいろやってみて、インプロの本質をつかむ、さらにはインプロによってヒトが避けては通れない言語活動を活性化するという視野を持つ、結局はヒトを知る(こりゃ大きく出たなー)というのがワークショップの趣旨です。


http://rrr666.net/schedule/2013-2/murayamaws/

http://rrr666.net/access/

 


 


09/22/2013 - 19:30

> 水道橋 > Ftarri

 

午後7時開場、7時30分開演


村山政二朗ソロ


1,500円

 

Ftarri

113-0033 文京区本郷1-4-11 岡野ビル地下一階(金刀比羅神社の向かいのビルです)
電話番号:03-6240-0884(午後4~8時。休業日やライヴ時間中はつながりません。ご了承願います)

JR水道橋駅徒歩5分、都営三田線水道橋駅徒歩3分、丸の内線 / 南北線後楽園駅・本郷三丁目駅徒歩8分

 

01/23/2013 - 20:00

> montreuil, france > maison populaire

CHAOSMOSE, PENSER AVEC FÉLIX GUATTARI 1/6

MERCREDI 23 JANVIER 2013 À 20 H
 
Philo performances

Chaque séance de Philo performances est conçue autour de l’une des grandes thématiques deChaosmose, est ponctuée d’interventions artistiques, musique ou performance, danse ou poésie, cinéma, vidéo, etc…d’angles, de thèmes et motifs développés par des invités issus de ces différents domaines – philosophique, clinique, artistique, sociaux et politiques.

 

1 - Plongée sensible dans une matière finie

En présence Pascale Criton, Anne Sauvagnargues et de l’artiste invité : Seijiro Murayama (percussions)

Le paradigme esthétique traverse tout autant le social – l’écologie mentale – que l’artistique – l’autonomisation des signes, les matières de sensation et la production de sens – ou le politique – dans la dimension des réseaux, des processus de subjectivation et manières d’être ensemble. Il s’agit donc de mettre en résonance ces trois allures de la vie pour provoquer la scène sémiotique dans laquelle elles s’interpénètrent et produisent de nouvelles réalités, de nouveaux territoires de subjectivité, selon l’expression de Guattari.

Nous voudrions provoquer, avec ces « lectures » sensibles de différents niveaux, performances théoriques ou artistiques, une approche transversale active — un décentrement esthétique des points de vue.

Nous partirons plutôt des blocs de sensation composés par les pratiques esthétiques en deçà de l’oral, du scriptural, du gestuel, du postural, du plastique. 
D’une façon plus générale, tout « décentrement esthétique des points de vue », selon Guattari, débouche sur une « démultiplication polyphonique des composantes d’expression ». Cette « plongée chaosmique dans les matières de sensation », est aussi recomposition, transformation des structures et des codes en vigueur pour augmenter les formes et même les modalités de nos pratiques artistiques et théoriques (1). 
L’originalité de nos lectures consiste à mettre sur le même plan l’écologie des performances artistiques et la concentration théorique des discours, sans les mélanger, en les appuyant au contraire, par ricochet, les unes sur les autres, pour produire le fragile assemblage d’une expérience de pensée sensible. 
Pascale Criton et Anne Sauvagnargues

(1) Félix Guattari, Chaosmose, Paris, Galilée, 1993, p. 126.

 

INFORMATIONS

-  Partenariat 
Maison Populaire (Montreuil), ART&FACT, Revue Chimères, Créart-phi (Université Nanterre La Défense)... 
Ces séances participeront au n° 79 de Chimères, dont le titre sera : Chaosmose, temps pluriels (numéro coordonné par Pascale Criton)


Participation libre – Renseignements             01 42 87 08 68       - www.maisonpop.net
 
Maison populaire - 9 bis, rue Dombasle - 93100 Montreuil - M° Mairie-de-Montreuil (ligne 9)

08/12/2012

> tokyo > l-e osaki

off-cells

 

公開録音
開場15:30 開演16:00〜18:00
ライブ
再開場19:30 開演20:00

公開録音+ライブ
¥2000+1drink order
ライブのみ
¥1500+1drink order

off-cells
ユタカワサキ  uta kawasaki
宇波拓 taku unami
川口貴弘 takahiro kawaguchi
村山政二朗 seijiro murayama

東京都品川区豊町1-3-11 スノーベル豊町 B1
l-e

tel : 050-3309-7742

http://www.l-e-osaki.org/

http://www.l-e-osaki.org/?page_id=2

05/11/2012 - 19:00

> madrid > espacio cruce

 

 

Esta es la premisa en la que se basa el festival PERSONAL - COLLECTIVE, celebrado durante dos ediciones en la localidad de

Ljubljana, Eslovenia, y que este año pasa a transformarse en un festival nómada, celebrándose también en Madrid durante los días

11, 12 y 13 de Mayo.

Dirigido por Seijiro Murayama, diferentes artistas, en esta edición enfocados hacia el trabajo con el sonido, trabajaran juntos y

mostraran al público su proceso. Tocando juntos durante varias veces durante 3 noches, de diferentes maneras y en diferentes

combinaciones, el público seguirá las progresiones y los enfrentamientos del trabajo personal y colectivo de los artistas.

El festival, totalmente autogestionado, será cumplimentado por las mañanas con un especial workshop, también abierto el público,

cuyos resultados serán mostrados en la última noche del festival.

Artistas invitados:

Lali Barriere ( Barcelona ,objetos amplificados ,www.lalibarriere.net )

Thomas Bonvalet ( Alpedrete ,guitarra y objetos ,www.ocellemare.bandcamp.com )

Sébastien Branche ( París ,saxo tenor ,www.sebastienbranche.com )

Miguel A. García ( Gasteiz ,electrónica ,www.xedh.org )

Wade Matthews ( Madrid ,síntesis y grabaciones de campo ,www.wadematthews.info )

Javier Pedreira ( Madrid ,guitarra preparada ,www.javierpedreira.com )

Hector Rey ( Bilbao ,no-input mixer ,www.hectorey.blogspot.com )

Artur Vidal ( Londres ,saxo alto , www.arturvidal.com )

 

 

 

V i e r n e s   1 1 / 0 5 / 1 2

a p e r t u r a   d e   p u e r t a s   1 9 : 0 0   c o m i e n z o   1 9 : 3 0

s o l o s   y   d ú o s   d e   l o s   a r t i s t a s   i n v i t a d o s

S á b a d o   1 2 / 0 5 / 1 2

a p e r t u r a   d e   p u e r t a s   1 9 : 0 0   c o m i e n z o   1 9 : 3 0

t r í o s   y   c o m b i n a c i o n e s   m a y o r e s

D o m i n g o   1 3 / 0 5 / 1 2

a p e r t u r a   d e   p u e r t a s   1 9 : 0 0   c o m i e n z o   1 9 : 3 0

c o n c i e r t o   d e   l o s   m i e m b r o s   d e l   w o r k s h o p

g r a n d e s   g r u p o s